MENU

リゾートバイトを副業としてやるとバレる?正社員では現実的に厳しい

リゾートバイト 副業 バレる

憧れの観光地などで、住み込みでお仕事するリゾートバイト!

好きな場所で自由に働けて新しい出会いがたくさんあるなど、魅力が満載です。

ですが正社員として働いていると、それを辞めてまでリゾートバイトするのもなぁ……と考えてしまいますよね。

正社員を続けながら、副業としてリゾートバイトをするのは可能でしょうか?

今回は、リゾートバイトを副業としてやるとバレるのかどうか、なぜバレるのかも含めてまとめていきます!

目次

リゾートバイトを副業としてやるとバレる?

リゾートバイト 副業 バレる

リゾートバイトには興味があるけど、せっかく正社員で働いているから辞めずに副業としてやってみたいと思う人はたくさんいます。

リゾートバイトは期間限定の仕事なので、短期なら会社にバレずにできそうな気もしますね。

ですが、正社員として働きながら副業としてリゾートバイトをしても、基本的にはバレるので難しいです。

リゾートバイトで発生した給料は、税金の関係でいずれ会社にバレてしまいます。

副業としてリゾートバイトしたときになぜ会社にバレるのか、それを回避する方法はあるのかご紹介します。

副業がバレる原因

副業としてリゾートバイトをした場合、会社にバレる原因のひとつが「住民税」です。

正社員として働いている場合、副業のリゾートバイトの給料が年間20万円以下なら確定申告等は不要です。

ですが住民税は別で、受け取った給料全体から計算されます。

副業のリゾートバイトの給料ももちろん住民税の計算に含まれるので、住民税が高くなります。

これは、リゾートバイトの給料を振り込みで受け取っても手渡しで受け取っても変わりません。

受け取った側が給料を申告しなくても、支払った側はいつ誰にいくら給料を支払ったかを申告しているので、確実に給料分の住民税を徴収されることになります。

毎月会社で給料天引きしている住民税が不自然に増えれば、副業をしていることは確実にバレるので注意しましょう。

バレるのを回避する方法

副業としてリゾートバイトをしたことがバレるのを回避する方法はあります。

それは、住民税を自分で収める方法です。

住民税を納める方法には「特別報酬」と「普通徴収」があります。

特別報酬は給料をもとに住民税が計算され、会社が給料から天引きして代わりに納めてくれる方法です。

普通徴収は反対に、会社には頼らず自分で住民税を収める方法です。

自分で住民税を納めるなら副業のリゾートバイトの給料が会社に見つかることもないのでバレるのを回避できる気もしますが、これはリスクが高いのであまりおすすめはできません。

まず、住民税の普通徴収が認められている人は以下の条件のいずれかに当てはる必要があります。

  • 個人事業主
  • 退職して次の就業先が決まっていない
  • 転職先は決まっているが申請手続き中
  • 特別徴収から普通徴収への切り替えが認められたひと

バレるのを回避するために住民税の普通徴収をするには。上の3つは該当しないので、4つ目の特別徴収から普通徴収への切り替えが認められる必要があります。

ですが、普通徴収が認められる条件は厳しく、以下の事情がなければ許可がおりません。

  • 従業員が2名以下の会社
  • ほかの会社で源泉徴収をしている
  • 5月31日までに退職する予定
  • 給与が毎月支払われていない
  • 給与が少なく源泉徴収できない

特別徴収から普通徴収へ変更したいと申請た場合、会社に確認の連絡がいく可能性も高いです。

そうすれば確実にバレてしまいますね。

バレるとどうなる?

正社員として働きながら副業としてリゾートバイトを始めて、それがバレるとどうなるのか、心配ですよね。

申請無しの副業がバレた場合、以下のような処分になることがあります。

  • 厳重注意
  • 減給
  • 出勤停止・自宅待機
  • 降格処分

また、副業が会社の規定で禁止されている場合、解雇される可能性も否定できません。

せっかく正社員として働けているのに、リゾートバイトの副業がバレることで解雇されてしまっては本末転倒です。

もしどうしても副業としてリゾートバイトをしたい場合は、就業規則で副業OKな会社に転職するのもアリですね!

現実的に正社員ができるのか?

ところで、バレる・バレないにかかわらず現実的に正社員として働きながらリゾートバイトをすることはできるのでしょうか?

リゾートバイトは数週間~2,3か月の間、住み込みで働くお仕事です。

数週間~2,3か月の間正社員の仕事を休めればリゾートバイトをすることも可能ですが、あまり現実的な話ではありません。

正社員を続けながら副業でリゾートバイトをするなら、勤務できるのは土日になるかと思います。

ですが残念ながら土日のみ就業可能な求人はほぼありません。

また勤務先も温泉地や観光地なので、もし土日のみのリゾートバイトがあったとしても、移動時間を考えるとかなり厳しいです。

ゴールデンウイークや年末年始などの大型連休の場合もそれは同じですね。

現実的には、バレる・バレないにかかわらず正社員を続けながら副業としてリゾートバイトをするのはかなり難しいようです。

リゾートバイト副業まとめ

リゾートバイトを副業としてやるとバレる?ということでご紹介しました。

副業がバレるのは住民税の金額が高くなるからです。

副業が認められている会社であれば問題ないですが、期間や就業場所を考えると現実的に正社員を続けながらリゾートバイトをするのは難しいです。

リゾートバイトはとても魅力的な働き方ですが、残念ながら副業には向いていないみたいですね。

目次