MENU

リゾートバイトの相部屋寮はどうなの?メリットデメリットを紹介!

リゾートバイト 相部屋

20代の若者や大学生に人気のリゾートバイト。

北海道や沖縄などリゾート地で楽しみながらバイトができるなんてとっても最高ですよね!

そんなリゾートバイトの宿泊先は相部屋寮のパターンが多いようです。

友達がすぐにできやすい!というメリットもありますが、セキュリティ面や生活の面でのさまざまなデメリットもあります。

事前にそういったメリット・デメリットを知って対策をしておけば、相部屋寮の生活も快適に過ごせそうです!

今回は、リゾートバイトの相部屋寮についてまとめました。

目次

リゾートバイトの相部屋寮ってどうなの?

リゾートバイト 相部屋

リゾートバイトの相部屋寮は、実際には満足度がかなり高いです。

バイト先にもよりますが、一般的なリゾートバイトの相部屋は3〜4人で、2段ベットが2つ置かれているような部屋で生活することになります。

寮の中に風呂やトイレ、冷蔵庫があり、みんなで共同で使うものもあります。

基本的には男女の寮は別々になっていて、寮の部屋の行き来も禁止されているところが多いです。

一緒に暮らすメンバーは、バイト先がランダムで振り分けるケースが多く、リゾートバイトの期間にどういった生活になるかはメンバー次第な部分もあります。

リゾートバイトで一緒に生活する仲間と衣食住をともにすると、団結力も高まりそうですね!

リゾートバイトの相部屋寮のメリット

リゾートバイト 相部屋

リゾートバイトの相部屋寮のメリットには、主に人間関係でのメリットが多いです!

バイト中も話す機会はありますが、一緒に食べたり寝たりするので、会話も増えて早く仲間と打ち解けられます。

一緒に何かをする機会が多くなると、気づいたら自然と仲良くなっていますよね!

リゾートバイトの相部屋寮のメリットについて詳しくみていきましょう!


同僚といい関係が早く築きやすい

リゾートバイトの相部屋寮の最大のメリットは、同僚と早く仲良くなれることです!

一番の醍醐味は、リゾートバイトを通してたまたま知り合った同僚と、すぐに関係を築いていけることです。

普段周りにいる友達とは違う価値観を持っていたり、興味深い話を聞けたりするので、こういったチャンスをぜひ活用したいですね!


バイト終了後の満足度が高い

リゾートバイト経験者の口コミや感想などを見てみると、相部屋寮であったリゾートバイト先の方がバイト終了後の満足度が高い傾向にあります。

リゾートバイトの宿泊には、主にビジネスホテルのような個室寮と相部屋寮に分けられます。

応募の際に人気なのは、やはりプライバシーの面でも安心な個室寮です。

しかし、実際には慣れない土地で住み込みで働いているので、不安な部分も多いと思います。

相部屋寮の方がお互いの話を聞いたり、悩みを相談したりと仲間との絆を深められて、青春気分を味わえるので、そういったバイト終了後の達成感や満足度を味わいたい方は、ぜひ相部屋寮をおすすめします!

リゾートバイトの相部屋寮のデメリット

リゾートバイト 相部屋

リゾートバイトの相部屋寮には、同僚とすぐ仲良くなれるというメリットがありましたが、もちろんデメリットも存在します。

ひとりで生活すると気にしない部分でも、周りに人がいると気にして生活する部分も多いです。

しかし、デメリットを知っておけば、事前に対策をしてリゾートバイトに参加できるので、相部屋寮のデメリットについても確認しておきましょう。

リゾートバイトの相部屋寮のデメリットについて詳しくご紹介していきます!


物音など他の同僚に気を遣う

リゾートバイトの相部屋寮では、物音などで他の同僚に気を遣いながら生活しなければいけないところが最大のデメリット。

ドライヤーや目覚ましのアラーム、電話の声など普段何気なく使っているものでも、周りの人からするとかなりうるさいと感じる音もあります。

こういったものを使う時には、ひと言断りを入れるようにしたり、事前に相談しておいたりする配慮が必要です。


私物を持ち込みずらい

一人用の個室であれば、テレビやゲームを持ち込めるバイト先もあります

しかし、相部屋寮では周りに常に人がいる状況であったり、自分のテリトリーが限られていたりと、私物はほぼ持ち込めないと考えておく方が良さそう。

その代わり、同僚との話で盛り上がったり、仲良くなれるチャンスが多いので、積極的に自分からコミュニケーションを取るようにしていきましょう。


貴重品管理をしっかりする必要がある

リゾートバイトの相部屋寮では、貴重品の管理を徹底しましょう。

バイト先によっては、全員が同じ勤務スケジュールではなく、バラバラの勤務スケジュールで自分がバイトをしている時に誰かが部屋の中にいるというケースもあります。

そういった場合に備えて、貴重品は常に持ち歩くようにして、部屋に置いていかなければいけない場合はスーツケースの中に入れて鍵をかけるなどの工夫が必要です。

あまり高価なものはリゾートバイトには持って行かない方が安全ですね!


一人の時間がない

リゾートバイトの相部屋寮のデメリットは一人の時間がないことです。

これはリゾートバイトに参加する人の性格にもよりますが、期間が長ければ長いほど一人になれない時間が長いため、しんどいと思う人もいるようです。

そういった場合は、事前にイヤホンを持参したり、一人で没頭できるような読書用の本などを持参しておくと良さそうです。


洗濯物が干しにくい

相部屋寮では洗濯物が干しにくいことがデメリットとして挙げられます。

毎日一緒に生活するので、洗濯物を回すことになりますが、乾燥スペースなどはほぼなく、基本的には自分達の相部屋寮の中で干すケースが多いです。

Tシャツや下着など、女性は特に干しにくて嫌だな…と感じる方がいるようです。


同僚次第では睡眠時間が…

リゾートバイトの相部屋寮の生活は、同僚に左右されるため、同僚の寝相次第ではしっかりと睡眠時間が取れないケースもあります。

特に気になるのは、睡眠中のいびきや歯ぎしりなど…。

こういった寝相の同僚に当たってしまうと、毎日が地獄と感じるケースも。

一緒に過ごしやすい同僚と生活できるととっても楽しいですが、こういったデメリットがあることも知っておきましょう。

リゾートバイトの相部屋寮まとめ

今回は、リゾートバイトの相部屋寮についてまとめました。

  • 友達ができやすく、良い関係を早く築きやすい
  • 満足度が高い
  • 私物を持ち込みずらく、一人の時間が取れない
  • 洗濯物が干しにくい

リゾートバイトの相部屋寮では、一緒にバイトをする人間関係によってかなり左右される部分がありました。

同世代ですぐに仲良くなれるパターンでは、すぐに友達ができ一緒に仲良くできてバイト全体の満足度はかなり高いです。

しかし、貴重品の管理や生活の面で気をつけておきたい部分もあるので、しっかりと事前に対策を練ってリゾートバイトを楽しみましょう!

目次