MENU

リゾートバイト中の生活費はどれくらい?費用別と1ヶ月分を詳しく!

リゾートバイト 生活費

この記事では、これからリゾートバイトを始める方向けにリゾートバイト中の生活費はどれくらいかかるか?何にどれくらいのお金がかかるのか?1ヶ月にどれくらいのお金がかかるのかを調査していきます。

リゾートバイトといえば、基本的には寮に住み込みで食事も用意されることがほとんどのため、貯金がしやすいということも人気が高いポイントと言えます。

しかし、初めてリゾートバイトをやる人にとっては、いざとなると右も左もわからないことだらけで正直どのくらいのお金を用意しておくべきなのかもわからないと思います。

  • リゾートバイト中の生活費はどれくらいか
  • リゾートバイト中、1ヶ月に必要な費用はどれくらいか
  • リゾートバイトを始めるときに発生する初期費用はいくらか

以上の3点に注目して解説していきます。

目次

リゾートバイト中の生活費はどれくらい?

リゾートバイト 生活費

リゾートバイト中の生活費がどれくらいかかるかを調べるうえで、リゾートバイトをやる年代比が最も高い20代一人暮らしの生活費平均額を調べてみました。

日本における20代一人暮らしの生活費平均額は、家賃を除くと平均で13万円ほどと言われています。

内訳で見てみると

食費約45,000円
光熱費約7,000円
通信費約7,500円
交通費約10,000円
交際費約10,000円
その他約50,000円
2021年11月のデータを基に算出 https://enechange.jp/articles/20s-bachelor-living-cost

リゾートバイトでは寮費や光熱費が無料だったり、出勤日の食事が用意されているため、かなり生活費を抑えられます

寮費・光熱費

リゾートバイトの寮費は基本的に無料ですが、稀に寮費が有料となっている場合もあります

有料の場合だと1~2万円はかかるため、その分のお金を持って行く必要があります。

有料の寮はめったになく9割方無料となっておりますが、どうしても不安な方は事前に派遣会社へ問い合わせをしておくとよいでしょう。

次に光熱費ですが、寮費と同様無料である場合が多いです。

しかし、異常に光熱費がかかっている人に関しては注意を受けたり、一定の金額を超えるとそれ以降は自腹となる場所もあります。

また、有料である場合は5千円~1万円かかります。

光熱費に関してもあらかじめ派遣会社に確認をとりましょう。

食費・交際費

食費に関しても基本的には無料です。

食堂での賄いやお弁当の支給、はたまた派遣会社から食費が支給されるところもあります。(1日千円等、派遣会社によって金額は様々)

しかし、出勤日以外の食費は自分で賄わないといけないため、少なくとも1週間分は食いつなげるほどの所持金を持っておいた方がいいです。

交際費に関しては、「リゾートバイトの一番の出費は交際費」と言われるほどです。

特に若い人が多い職場や寮が相部屋だったりすると、休日は観光に出かけたり飲みに行ったりといったイベントが発生するケースも。

現地で楽しい思い出をたくさん作りたい!という方は、交際費として少し多めにお金を持って行くとよいでしょう。

交通費・観光費

派遣会社を通して働く場合、基本的に交通費は全額支給されますが、支払いのタイミングによっては最初現場へ向かう分の交通費は持っていなければなりません

支払いのタイミングは3通りあり、

  • 前払い
  • 行きは前払いの帰りは後払い
  • 完全後払い

完全後払いの場合はあらかじめ自前で交通費を準備する必要があります

自前の交通費分と観光するための交通費はあらかじめ準備しておくとよいでしょう。

観光費に関しましては、人によって一番ばらつきが出るのではないでしょうか?

観光費用で2~3万円消費する方もいれば、観光に全く興味のない人は1円も使わなかったりします。

私個人の考えとしては、せっかくリゾートバイトで普段行くところができない場所で生活しているので、どうせなら観光しないともったいないと思ってしまいます。

お金を使いすぎてしまっては元も子もありませんが、自分のお財布と相談しながら近くに遊びに行くのもリゾートバイトの醍醐味だと思っています。

消耗品

リゾートバイトをやるうえでの消耗品については、生活するうえで絶対に必要なものに関しては普段より費用がかかりません。

というのも、共同となっていることが多いトイレでは、トイレットペーパーは備え付けてあります。

また、食器用洗剤もリゾートバイト中は賄いなどで済ませることがほとんどで、自炊をするケースがないため、必要な場面はあまりないでしょう。

本当に必要なものといえば、洗濯用洗剤やシャンプーなどのお風呂グッズ、女性であれば化粧品などではないしょうか。

また、寮で生活するときの飲料やお菓子代、喫煙者の方はたばこ代もないと、かなりストイックな生活になってしまうので、私個人の考えとしては必要だと思います。

最低限必要な消耗品を買えるお金と、生活娯楽費くらいは用意した方がよいでしょう。

リゾートバイトで1ヶ月に必要な生活費はいくら?

リゾートバイト 生活費

上で解説したように、リゾートバイトであれば結構ストイックに生活すればかなり抑えられると思いますが、大体の人が3万~4万円は必要になるでしょう。

普段の生活とまったく違う環境で生活するということもあり、「貯金をするために節約して頑張ろう!」とは思っていても、ストレスを溜めてしまいかねません。

そのため、人それぞれだとは思いますが余裕を持って多めに用意しておくのがよいでしょう。

生活費を抑える方法

「せっかく稼ぎに来たのだから生活費にそこまでお金をかけたくない」

という人は以下のことに注意して生活してみましょう。

  • 休日も食事が用意される求人に応募する。
  • 無料で温泉に入れる勤務先で働く。
  • 勤務先のリゾート施設を無料で利用できる求人に応募する。

この3点に着目することで、食費や観光費などを浮かせられます。

できるだけ節約して生活したい方は、この3点もチェックしながら求人を探すとよいでしょう。

また、食事を自炊で賄うということも不可能ではありませんが、寮には自炊に必要な炊飯器や食器類、調理器具などは完備されていないことが多く、そもそもキッチンがない場合もあります。

キッチンがあるとしても、炊飯器や食器類を自分で持って行くか、寮に自腹で郵送しなければならず、ここまでのことをするくらいなら休日も食事の提供がある求人を探す方がよいと思います。

リゾートバイトを始めた時に必要な初期費用は?

リゾートバイト 生活費

人によるかとも思いますが、最低5万円は用意しておくことをオススメします。

それと、絶対に忘れてはならないのが自宅から勤務先への交通費です

交通費は最初の給料日と一緒に振り込まれるため、勤務先へ向かう際は自分で立て替える必要があります。

この交通費の大小によっても用意するべき金額は前後しますので、あらかじめチェックしておきましょう。

初期費用を用意することに抵抗がある方は、できるだけ近場の求人を探したり、LCCのみでアクセスできる勤務地など、交通費を安く済ませることが重要です

リゾートバイト生活費まとめ

今回はリゾートバイト中にかかる生活費や、始めるときにかかる初期費用についてまとめました。

  • 行きの交通費にもよるが、最低5万円は用意しておくとよい
  • 生活費を抑えるためには、休日の食事提供があるところや勤務先の施設を無料で利用できるところを探す
  • 初期費用を抑えたい場合は、なるべく近場の勤務地や、LCCのみでアクセスできる勤務地を探し、交通費を抑える

出費は人それぞれだと思いますが、できる限り抑えられるものは抑えておきたいところ。

ですが、あまりストイックになりすぎてストレスを溜めてしまうのも、せっかくのリゾートバイトが楽しめませんよね。

この記事がリゾートバイトを始める人たちの参考になれば幸いです。

目次