MENU

リゾートバイトで一生生活しないほうがいい?メリットデメリット紹介

リゾートバイト 一生

リゾートバイトの性質上、住み込みであることが多いため「一生リゾートバイトで各地を転々としながら暮らすのもいいのではないか?」

そういった考えが頭をよぎるタイミングもあるのではないでしょうか?

確かに様々な土地を渡り歩きながら、行く先々で仕事と住む場所を提供してもらえるわけですから人によっては憧れるライフスタイルなのかもしれませんね。

実際に10年以上リゾートバイトを続けている人たちもなかにはいらっしゃいます。

今回は「リゾートバイトで一生生活できるか?」についてまとめていきたいと思います。

目次

リゾートバイトで一生生活しないほうがいい?

リゾートバイト 一生

結論からいいますと、一生リゾートバイトを続けていくのはデメリットの方が大きいと思います。

前提としてリゾートバイトは観光地があるかぎりは求人がありますし、給料も月15万~20万はもらえます。

社会保険にも入れるので一見何の心配もないように見えます。

しかしどこまでいっても結局アルバイトなので、世間から奇異な視線をむけられたり、いざという時の保証も正社員に比べると劣るのは明白だと思われます。

リゾートバイトを一生続けるデメリットが大きい

リゾートバイト 一生

リゾートバイトを一生続けていくうえでのデメリットを挙げてみると

  • 雇用形態がずっと派遣社員のまま
  • 年齢が上がるにつれて雇用されにくくなる
  • 同年代と比べると収入差が大きい
  • 長く続けてもスキルが身に付かない
  • 結婚や子育てがしにくい環境
  • 社会的信用はない
  • 定住することができない

となかなか数多くあります。

一つずつ細かく解説していきます。

雇用形態がずっと派遣社員のまま

リゾートバイトというと「各地を転々としながら常に新しい場所で暮らす」という楽観的な考えもありますが、悪く言うと「ずっと派遣社員で転々と暮らす」ということです。

リゾートバイトの給料は月に15万から20万ほどで、家賃や食費などがかからないため、一見何の問題もないように見えますね。

ですがケガや病気で入院した際、健康保険の補償などがあっても足りない分は自分の貯金から補填しなくてはなりません。

場合によってはその時の仕事も辞めなくてはいけなくなるため、その間の収入がゼロになります。

こういった時の補償の弱さが派遣社員の弱点のひとつともいえるでしょう。

ましてやリゾートバイトは体が資本。

ケガや病気にかからずとも体力は次第に衰えるので、どんどん続けるのは難しくなるでしょう。

年齢が上がるにつれて雇用されにくくなる

前提としてリゾートバイトは、接客や単純作業をこなす案件が多いです。

接客業や単純作業はスキルが身につかないので、転職するにも不利になります。

リゾートバイトを続けようにも、20代前半のフリーターとリゾートバイトを転々としている40代でしたらほぼ間違いなく20代前半のフリーターが採用されます。

理由は簡単で『若い方が仕事の覚えも早いし体力があって使い勝手がいいから』です。

そもそもリゾートバイトを転々としてる40代フリーターとなると世間的にも信用されにくいです。

同年代に比べると収入差が大きい

リゾートバイトは派遣社員もしくはアルバイトなので、ボーナスや賞与といったものがもらえません。

正社員とは違い、昇進や昇給といったものもありませんし、同年代と若い頃には大差がなかったのが年齢を重ねるにつれてどんどん収入差が開くことでしょう。

ましてやリゾートバイトは「忙しい時期」と「暇な時期」があり、募集の有無によって仕事が決まるため、収入の安定も見込めません。

長く続けてもスキルが身に付かない

リゾートバイトの業務内容は、接客業や単純作業がメインとなるため、スキルが身に付く職種はほとんどありません。

筆者の知る限り、スキルが身に付く職種といえば

  • 調理
  • 情報発信
  • WEB管理

くらいですが、そもそもこれらの職種は業務経験などの経歴がないと応募することができません。

歳を重ねて「リゾートバイトではもう限界!転職したい!」そう思ってもスキルのまったくない中高年を正社員として雇ってくれる企業は皆無といっていいでしょう。

結婚や子育てがしにくい環境

リゾートバイトで出会った方々で結婚する方もたくさんいます。

しかしそれは男性が後に正社員となってから結婚する場合がほとんどです。

先の項でも説明した通り、リゾートバイトは正社員と比べて収入が低いうえ、結婚すると寮には住めなくなるため家賃などの固定費がかかるようになります。

そもそもアルバイトや派遣社員を長く続けている男性に対して好意的な印象を持つ女性はそんなにいませんよね。

女性はあまり影響がなさそうですが、リゾートバイトの特性上、職場が各地を転々とするので結婚や子育てをするうえでリゾートバイトを続けるのは非常に難しいと言えます。

社会的な信用はない

リゾートバイトに限らず、派遣社員は社会的信用という意味でかなり厳しい立ち位置に置かれます。

クレジットやローンなど、主に金銭関係でかなり苦労すると言われています。

もちろんリゾートバイトで高所得なら問題はなさそうですが、先ほど述べた通り収入も雇用も不安定なことがほとんどなので正直厳しいのが現実です。

定住することができない

先程説明したように、リゾートバイトは基本各地を転々とすることになります。

初めて行く先々では様々な感動があるでしょうが、長いこと続けていくうちに日本各地を旅することに飽きがくるようです。

リゾート地を転々とするうちに「定住したい」と思ってもリゾートバイトという職業の性質上、どうしても各地を転々とするのでなかなか難しいでしょう。

また、寮や職場がいい人だらけ、いい環境とも限りません。

リゾートバイトは面接で落とされることが少ないという特性上、いろんな人がいます。

パワハラやいじめ、上下関係の厳しさも寮や現場によってそれぞれです。

寮も隣の部屋の物音や騒ぎ声が寝る時間になってもうるさかったり、食事がお世辞にもおいしくなかったりすることもたくさんあります。

リゾートバイトを一生続けるメリットは少ない

リゾートバイト 一生

ここまでリゾートバイトを一生続けるデメリットに焦点を当てて解説していきました。

逆に

  • 嫌な職場だった場合は変えやすい
  • 責任が重い仕事は振られない
  • 正規雇用ありの募集なら正社員になる可能性はある

などのメリットもあります。

ひとつずつ解説していきます。

嫌な職場だった場合は変えやすい

リゾートバイトならではのメリットですね!

確かに正社員だといくら職場環境が劣悪でも変えることは非常に難しいです。

大体の派遣社員やアルバイトも配属先をすぐにでも変えるのは難しいと思います。

「この上司とはどうしても合わないな、、、」

「どうしても周りに馴染めなくて孤立してしまった」

こんなとき、すぐに場所を変えて新しい環境でやり直すことができるのは数少ない特権のひとつかもしれません。

先ほどあげたパワハラやいじめの横行する現場に当たってしまった場合でも、職場を変えることで回避できます。

責任が重い仕事は振られない

正社員として働き続けていると勤続年数を重ねるにつれ、重い責任を負わされたり難しい仕事を振られることが多くなります。

一方でリゾートバイトを続けている限りは、そういった重い責任や仕事は振られずに済むでしょう。

というのもリゾートバイト求人のほとんどが未経験での応募が可能です。

そういった状態なので、重要な責任や仕事は振れない、任されないといった現状があります。

正規雇用ありの募集なら正社員になれる可能性はある

正規雇用ありの募集なら正社員になれる可能性があります!

また、派遣会社によっては正社員登用プログラムというものがあり、そこに応募して正社員登用を目指す方法もあるそうです。

リゾート地は基本的に慢性的な人手不足の職場が多いので、正社員を希望するスタッフは歓迎される可能性があります。

リゾートバイトスタッフとして各地を転々としながら働くよりも、正社員として働いた方がはるかに安定しますし、転職の際も正社員として働いていたという職歴がつきます。

  • 接客業が好き
  • この業界で腰を据えて働きたい
  • 定住したい

こんな考えを持ってる人はリゾートバイトからの正社員を目指すという道を考えてみてもいいかもしれません。

リゾートバイト一生できるかまとめ

ここまでリゾートバイトを一生続けられるか、続けたとしてどんなメリットデメリットがあるかについて解説してきました。

  • 収入が少ない
  • 結婚や子育てが難しい
  • 社会的信用がない

など、一生続けるうえではなかなか厳しいデメリットがついてまわります。

一生続けるためには、正規雇用ありの募集に応募して正社員を目指すなどの工夫をしないとなかなか難しいのではないかと思います。

しかし「いろいろな場所で働ける」、「人間関係のリセットが他職と比べて容易」などのメリットがあるのも確かです。

どんな道を歩むにせよ、考え思い悩むときは来ます。

人生1度きり、自分の信じた道ならどんな選択も正しいのではないでしょうか。

目次