MENU

リゾートバイトで社会保険に加入できる?条件と終了後も詳しく!

リゾートバイト 社会保険

リゾートバイトは一定期間住み込みで働きますが、みなさんこの期間中の社会保険どうしていますか?

バイトだし、なんとなく社会保険には加入できなさそう…というイメージを持っている方も多いと思います。

また、社会保険についてよくわからないという方もいるかもしれません。

そこで今回は、リゾートバイトの際に意外と見落としがちな社会保険についてご紹介します。

リゾートバイトをはじめる前に、リゾートバイトでも社会保険に加入できるのか、加入するときの条件なども確認しておきましょう!

これからリゾートバイトを考えている方はぜひ参考にしてください。

目次

リゾートバイトで社会保険に加入できる?

リゾートバイト 社会保険

リゾートバイトでも、一定の条件を満たせば社会保険に加入できます。

これは基本的にどの派遣会社を利用していても同じです。

社会保険加入のためには派遣会社に書類などを提出する必要があるので、しっかり確認して忘れないようにしてください。

社会保険に加入すると、自動的に保険料がお給料から天引きされるようになりますので、どのくらいの金額が天引きされるのか事前にシミュレーションしておくと安心ですね。

これまで国民健康保険に加入していた人は、社会保険に切り替わるタイミングについても確認しておきましょう。

社会保険について

そもそも社会保険とは何かというと、健康保険・雇用保険・労災保険・厚生年金保などをセットにしたものです。

正確に言うと、リゾートバイトでも一定の条件を満たす場合には社会保険へ加入しなければいけないと決まっています。

社会保険に加入すると保険証が受け取れるので、病院などへ行くときにはその保険証を利用することになります。

それぞれの社会保険にどんな役割があるのか詳しくご紹介します。

  • 健康保険

病気やけがの場合に適応される保険で、一番身近な存在です。

具体的には、病気やけがをして病院に行くときに、社会保険に加入しているとかかった費用の3割負担で済みます。

  • 雇用保険

お仕事を退職した後に適応される保険です。

雇用保険に加入していないと、お仕事を辞めた後に失業手当がもらえないことがあるので注意しましょう。

  • 労災保険

労災保険に加入していると、お仕事中に起きた事故などによるけがや病気の時に給付金が受け取れます。

リゾートバイトの勤務中にけがをした場合も、派遣会社を通して給付金が受け取れるので安心ですね。

  • 厚生年金保険

今すぐに関係するものではないですが、将来のために大切な年金のための制度です。

将来年金がいくらもらえるかは、加入していた期間やどのくらい保険料を支払ったのかで変わってきます。

社会保険で天引きされる金額

社会保険に加入した場合は、保険料がお給料から天引きされます。

どのくらい天引きされるのかシミュレーションしてみましょう。

各エリアで、それぞれお給料が15万円、20万円、25万円だった場合に引かれる金額はこちらです。

北海道沖縄県長野県静岡県
15万円24,417円24,192円23,877円23,937円
20万円33,390円33,090円32,740円32,750円
25万円43,747円43,747円42,811円42,915円

社会保険料として引かれる金額があらかじめわかっていると安心ですね。

自分の派遣先の場合はどうなるのか、具体的に知りたい方はぜひ下のリンクよりシミュレーションしてみてください。

月収と年収の手取り計算|給与シミュレーション

社会保険の加入タイミング

リゾートバイトで社会保険に加入するタイミングは、条件を満たしている場合は契約初日からです。

  • 2か月以上の雇用契約の場合:契約初日から社会保険に加入
  • 2か月未満の雇用契約の場合:2か月以上の延長をしたタイミングから加入

社会保険に加入するための書類を派遣会社から受け取れますので、必要事項を記入してください。

もし、書類の提出が大幅に遅れてしまうと加入のタイミングも遅れてしまうかもしれません。

万が一病院にかかったときなどに未加入だと大変なので、書類の提出は早めに済ませておくのをおすすめします。

リゾートバイトで社会保険に加入できる条件

リゾートバイト 社会保険

社会保険に加入するための条件は、雇用契約の期間が2か月以上あるかどうかです。

リゾートバイトで2か月と1日以上継続してお仕事するときは社会保険加入の条件を満たしていることになり、社会保険加入に加入できます。

また、働く時間が正社員の4分の3以上の勤務時間が確保できるかも加入条件で問われますが、リゾートバイトの場合ここはほぼ確実にクリアしているので大丈夫です。

もし短期リゾートバイトで2か月未満のお仕事の場合は、契約期間が1か月以上あれば雇用保険だけは加入できるので入っておくのがおすすめです!

注意しないといけないのはスキー場リゾートバイトの場合です。

スキー場などでのお仕事は「季節的業務」に当たることが多いです。

季節的業務の場合、社会保険加入のためには4か月以上の雇用契約が必要になります。

スキー場の職種などによっても扱いが変わってくることがあるため、派遣会社に事前に確認しましょう。

派遣会社に社会保険のことは確認しておく

社会保険について難しく感じてしまう方は、派遣会社に直接質問するのが一番です。

希望する求人で社会保険に加入できるかどうか、どんな書類がいつ送られてくるかなども聞いておくと安心ですね。

社会保険加入の手続きのために必要なものは、以下の4つです。

  • 年金手帳…基礎年金番号が必要
  • 雇用保険被保険者証…雇用保険番号が必要
  • 住民票に記載の住所
  • マイナンバー

赴任前に書類を受け取れなかった場合は、リゾートバイト先でこれらが確認できるようにしておきましょう。

年金手帳については写真データやコピーの同封が必要な場合もあります。

雇用保険被保険者証は、以前勤めていた会社に問い合わせると送ってもらえます。

難しい場合は、前職の正式な会社名が分かれば大丈夫ですよ。

保険証の発行までは時間がかかることが多く、新入社員の多い4月などは1か月半待つこともあります。

それまでに病院にかかりたいときは、派遣会社に「健康保険被保険者資格証明書」を送ってもらいましょう。

これは、社会保険には加入しているけどまだ保険証が届いていませんよ、ということを証明するものなので、保険証の代わりに病院に提出できます。

国民健康保険との二重加入に注意

社会保険に加入する前に国民健康保険に加入している場合は、自分で国民健康保険の脱退手続きをしないといけません。

忘れてしまうと国民健康保険の保険料の請求書も届き、2重で保険料を支払うことになるので注意してください。

ちなみに、国民健康保険を一括で支払い済みの方は、脱退手続きをすることで二重で支払った保険料は年末調整で返ってきますよ。

リゾートバイト終了後は社会保険はどうなる?

リゾートバイト終了後、契約最終日をもって社会保険も終了します。

保険証も使えなくなるので、派遣会社に返却しましょう。

同じ派遣会社で継続して別の施設で働く場合は、基本的に1か月以内であれば社会保険を継続させることもできます。

また、リゾートバイトはやめてしまうけど社会保険はそのまま残したい!という方は最大で2か月間、社会保険の任意継続も可能です。

それ以外の場合は自分自身で、国民健康保険に切り替えましょう。

国民健康保険加入の手続きは、退職後14日以内に済ませる必要があります。

学生の場合は、家族の扶養に戻る選択肢もありますね。

リゾートバイト社会保険まとめ

リゾートバイトでも、2か月以上の雇用期間があれば社会保険に加入できることがわかりましたね。

その他の条件は下記です。

  • 2ヶ月未満であっても延長したタイミングから加入可能
  • 国民健康保険との二重加入にならないよう注意
  • 契約終了時に社会保険も終了(条件によっては継続可能)

希望する求人が社会保険に加入できるか、書類や手続きの方法についてなど、あらかじめ派遣会社に確認しておきましょう。

意外と忘れがちな社会保険ですが、しっかり準備して安心してリゾートバイトをスタートしてくださいね!

目次