MENU

リゾートバイト先で外国人が多い場所は?英語を活用できる職種も紹介

リゾートバイト 外国人 多い

リゾートバイトを行う人のなかには学生も多いはず。

そのなかには「リゾートバイト先で外国人とコミュニケーションをとって英語の上達を図りたい」という志望理由もあるのではないでしょうか。

確かに日本の観光地は外国人にとっても人気が高いところが多く、そのようなリゾートバイト先を選べば、英語力も上達しそうです。

では、リゾートバイトのなかでも訪日外国人が多い場所や、英語をよく使う職種とは一体、どのようなものなのでしょうか?

そこで今回は、リゾートバイト先で外国人が多い場所と、英語を活用できる職種について解説していきます。

目次

リゾートバイト先で外国人が多い場所はどこ?

リゾートバイト 外国人 多い

まずはリゾートバイト先で外国人が多い場所と、外国人が集まる理由について解説していきます。

今回は場所を5つに絞って紹介していきます。

北海道・ニセコ

ニセコは現在、外国人から最も注目されているスキー場で有名な地域です。

新型コロナ流行前は、1年間に約22万人もの外国人がニセコを訪れているデータもあります。(ニセコ町観光客数推移)

人気の理由として、ニセコのスキー場は世界のスキーヤーから「最高の雪」と言われるほどの上質なパウダースノーなのです。

スキーだけでなく、夏場でも登山やサイクリングなどのアウトドアが有名で、1年を通して訪日観光客が多く訪れます。

北海道・トマム

トマムは今から30年ほど前に開発されたばかりの新しいリゾート地です。

美瑛や富良野にアクセスしやすく、絶景・温泉など様々な体験を求めて繁忙期には多くの外国人が訪れます。

その外国人に対応するため、リゾート側も外国人の労働者を多く雇う傾向にあるようで、繁忙期のトマム近辺は外国人の人口比率が非常に多くなると言われています。

リゾート側が外国人を雇う性質上、仕事をするなかでも外国人と触れ合う機会が多くなると言えるでしょう。

京都府・有名観光地周辺

京都府は日本の伝統的な文化や景観を維持しており、外国人が求める「日本らしさ」そのものを味わえる観光地の代表格ではないでしょうか。

外国人観光客が数多く訪れるため、ホテルやカフェなどは英語に精通しているスタッフも多いです。

「働きながら英語を勉強したいけど、いきなり接客はハードル高い」と思っている人は、同僚スタッフからも教えてもらいましょう。

長野県・白馬村

白馬村は、北海道のニセコに続いて外国人スキーヤーから人気のあるスキー場と言われています。

白馬村は1998年に行われた長野オリンピックの会場となったため、外国人スキーヤーから人気があるのでしょう。

スキー以外にも、登山やハイキングなどの自然を楽しむアクティビティが豊富で、1年を通して多くの外国人観光客が訪れます。

岐阜・飛騨高山

飛騨高山も京都同様に、古き良き日本文化を残している観光地であり、新型コロナ感染の流行前は飛騨高山の人口に対し、5倍もの外国人観光客が訪れるほど人気の観光地です。

山岳都市であるため、文化遺産に限らず自然も充実しているところが人気の秘密といえるでしょう。

最近では「君の名は」の舞台となっていたことも、外国人観光客が多い理由だと思います。

リゾートバイト先で英語を使う機会が多い職種は?

リゾートバイト 外国人 多い

せっかく外国人の多い観光地で働けても、英語を使う機会に恵まれなければ本末転倒です。

次に英語を使う機会が多い職種についてまとめてみました

ホテルフロント

ホテルフロントはホテルの受付業務で、宿泊客のチェックイン対応などを行います。

そのため、外国人観光客が多いところで働ければ日常的に英語を使う機会が多くなるので、英語力がかなり上達するでしょう。

数あるリゾートバイト職種のなかで、時給の水準が高いところも魅力のひとつです。

デメリットとしては、ホテルのシステムをひと通り理解しないといけないため、覚えることが多いところです。

仲居

仲居は旅館で「お出迎え」や「案内」など、お客様の身の回りのお世話をする職業です。

仕事の性質上接客機会が非常に多いので、ホテルフロント同様に英語を使う機会が多いのは想像に難くないでしょう。

ホテルフロント同様、リゾートバイトのなかでも時給水準が高い職業です。

デメリットとしては、仕事内容が多岐に渡るため、リゾートバイト初心者には少々大変だと思います。

売店

主にレジや品出しなどの仕事がメインです。

観光地の売店にはお土産物も置いてあるため、お土産を買いたい外国人観光客の接客機会に恵まれるでしょう。

仕事内容自体もホテルフロントや仲居に比べると、初心者向けのためリゾートバイトが初めての方にもおすすめ。

デメリットとしては、やりやすいぶん時給水準が低めです。

レストランのホール

レストランでの配膳、片づけなどが主な業務です。

未経験でも応募できる求人が多いうえ、普通のレストランホールよりも少し時給水準が高く設定されています。

同僚とコミュニケーションを図りながら行う仕事なので、同僚に外国人がいる環境だと英語を使う機会に恵まれますし、当然お客様を接客する機会もあります。

リゾートバイト外国人多い場所まとめ

今回はリゾートバイトで外国人の多い場所や、英語を使う機会が多い職種について解説しました。

外国人の多い観光地での接客業や、冬であればスキー場スタッフなどを検討してみると良いですね。

また、勤務地の同僚に外国人や英語が堪能なスタッフがいる場合もあるため、事前に派遣会社の担当者に聞いてみても良いでしょう。

働きながら英語力アップもできる可能性が大きく、将来英語を活かした職業に就きたいと思っている人にとっては打ってつけだと思います。

スキルアップにもつながる良いチャンスなので、興味ある方はぜひ頑張ってください。

目次