MENU

リゾートバイトが危ないと言われる理由は?安全な勤務先の探す方法!

リゾートバイト 危ない

休日には観光などを楽しめるリゾートバイト。

観光などを楽しみながら仕事ができるので魅力的に感じてしまいますが、リゾートバイトが危ないと言われているのはご存じでしょうか?

短期間・長期間のどちらでも、泊まり込みでリゾートバイトをするなら安全な勤務先を選択したいですよね。

男性・女性に関係なく、リゾートバイトを行うなら危ないことがないかと不安に感じてしまうもの。

そこで、リゾートバイトが危ないと言われている理由や安全な勤務先の探し方を紹介します。

リゾートバイトで危ない状況になったときの対処法にも触れていきます。

目次

リゾートバイトで危ない目に遭いやすい勤務先の特徴

リゾートバイト 危ない

リゾートバイトで、危ない目に合うのを避け安全に仕事を始めるには、危ない可能性がある勤務先の特徴を押さえておくのが大事です。

どんなリゾート地で働きたいかも大事ですが、細かいところも確認することで危ない目に合う確率を下げられます。

勤務先の特徴で押さえておくべきポイントは3点あるので、それぞれ確認していきましょう。

寮が相部屋

リゾートバイトには個室や相部屋など部屋の種類があるが、その中でも相部屋は危ない目に合う可能性が高くなります。

同じバイト仲間と打ち解けることができるので、寮が相部屋になっているリゾートバイト先を選ぶ人もいますが、同じバイト仲間がどのような人かはわかりません

仲良くなって、連絡先を交換する場合などには注意が必要です。

というのも、リゾートバイトの勤務先では良い人だったのに実は違ったというケースもあるようです。

また、貴重品などをしっかりと管理しておくのも大事なポイント。

貴重品の管理は、相部屋に限らずに一部共同の個室の寮の場合にも同じです。

女性と男性寮の行き来が自由

男性にとっては危ないと感じないかもしれませんが、女性にとっては行き来が簡単だと危ない目に合う可能性を秘めています。

リゾートバイトの寮は、基本的には女性と男性で分かれているので男女で同じ部屋になることはありません。

しかし、男性寮と女性寮が近い位置にあったりフロアが違うだけという場合もあります。

こうなると、男性寮と女性寮を簡単に行き来できるのがわかりますよね。

特に、リゾートバイトに女性一人で行く場合には注意しておくようにしましょう。

職場までの距離が遠い

リゾートバイトの勤務先から寮までの距離が遠いケースも多く、夜道を歩く場合もあり危険な目に合う可能性があると言えます。

勤務先と職場の距離が遠くても、昼間の明るい時間に仕事が終わるなら問題ありません。

山間や離島でのリゾートバイトの場合には、普段から人通りの少ない道を行き来しなければいけないです。

さらに、リゾートバイトは明るい時間に仕事が終わるとは限りません。

遅い時間に退勤するケースも多いので、寮と職場の位置関係を確認しておくのがおすすめ。

交通手段があるのかや、送迎があるのかについても一緒に確認しておくと安心して働きやすくなるでしょう。

リゾートバイトが危ないと言われるのはなぜ?

リゾートバイト 危ない

リゾートバイトが危ないと言われているのは、4つの理由からです。

  • 異性とのトラブル
  • 盗難
  • パワハラ・セクハラ
  • 夜の帰り道

リゾートバイトで実際に危ない目にあう可能性があるので、順番に解説していきます。

異性とのトラブル

出会いを求めてリゾートバイトを選択する人も多いので、異性とのトラブルに発展してしまう可能性が高いです。

リゾートバイトは、若い世代が多いのも理由のようです。

しつこく誘われてしまうことも少なくないので、一定の距離間を持っておくのがおすすめ。

声をかけてくるのは、恋人のいないフリーの人だけではありません。

既婚者の人に誘われるケースもあるようなので、注意しておくといいでしょう。

盗難

リゾートバイトで、発生率が高いと言われているのが盗難です。

相部屋や個室でも一部が共用スペースになっている寮などでは、自己管理をしっかりしていないと盗難トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

自分が盗難の被害に合うのはもちろん、盗難事件の犯人として疑われてしまうのも嫌ですよね。

財布や携帯電話などの盗難だけでなく、スノーボードの盗難の実例も!

寮生活で他の人と親しくなるほど、油断してしまいます。

個室でもカギをかけ忘れたり、財布に常にお金をたくさん入れていることもあるので、細心の注意が必要と言えるでしょう。

パワハラ・セクハラ

一般企業でも起こる問題ですが、リゾートバイトは期間が決まっているのでパワハラ・セクハラが起こりやすいと言われてます。

リゾートバイトは面接時に落とされることがほとんどありません。

そのため、仕事の覚えが悪いなどからパワハラや嫌がらせになってしまうケースもあります。

また、正社員や同じリゾートバイト仲間だけではなく、酔っぱらったお客さんからのセクハラ行為もあるようです。

パワハラ・セクハラなどの危ない目にあった場合には、我慢してリゾートバイトを続けるのではなく、辞めることも検討するのが一番でしょう。

夜の帰り道

夜の帰り道には、何が起こるかわかりません

職場と寮が離れている場合には、遅い時間に終わると夜道を歩く必要性が高くなります。

夜道で人に出くわすのも怖いですが、リゾートバイトの寮が山間部にあるときにはクマなどの野生動物にでくわしてしまう可能性もあります。

人通りのない場所では、助けを呼ぶのも難しいのが現状です。

リゾートバイトは退勤が遅くなることが多いので、夜の帰り道に備えておくと安心して仕事ができますよ。

リゾートバイトで危ない目に遭わない為の見るポイント

リゾートバイト 危ない

危ないと言われているリゾートバイトも、事前にしっかりと確認することで回避することもできます

何を確認すればいいの?と思ってしまう人も多いでしょう。

そこで、ここではリゾートバイトで少しでも危ない目に合わないようにするためのポイントを5点紹介していきます。

寮の詳細を確認

寮の詳細は、自分が寝泊まりする場所なので必ずチェックするようにしましょう。

部屋のタイプが個室なのか共同なのかはもちろん、寮と職場の位置関係、男女の寮がどのようになっているのかを確認するのがおすすめ。

寮が完全個室なら盗難防止につなげられますし、男女で寮が完全に分かれているなら異性トラブルを回避できるので危ない目に合わないようにできます。

職場と寮の位置が離れていても、中には送迎が行われいる場合もあるので確認しておきましょう。

勤務先の派遣受け入れ実績の確認

派遣スタッフを受け入れた実績があるのかで、勤務先の体制について知ることができます。

今年からリゾートバイトで、初めて派遣スタッフを受け入れる場合は、勤務先も派遣スタッフに対する体制が手探りになってしまいます。

危ない目に合ってしまっても、対処の経験がないと上手くいかないことも。

それを回避して、リゾートバイトで安全に仕事を行うには、派遣受け入れ実績の確認は大事なポイントです。

勤務先の年齢層や男女比の確認

落ち着いた雰囲気でリゾートバイトをするなら年齢層は高めがおすすめ。

現地社員の年齢層が高めの方が、対応にも慣れているのがポイントです。

短期・長期でリゾートバイトに申し込む年齢層に違いもあるので、申し込む前に担当に確認してみるのがいいでしょう。

そして、特に女性がリゾートバイトを行う場合にチェックしてほしいのが男女の比率。

女性が一人でリゾートバイトをする場合には、女性が多い職場を選択すると危ない目にあう可能性を回避できます。

もちろん、男性も女性の少ない職場をリゾートバイト先に選択することで異性とのトラブル回避になるのでおすすめです。

勤務先の雰囲気などを担当者に確認

短期・長期でもリゾートバイトは寝泊まりして仕事をします。

そのため、勤務先がどんな雰囲気なのかは事前に知っておいて損はありません。

何も聞かずにリゾートバイトに向かうと、自分の理想と現実が違っていたというケースもあります。

そうなってしまうと、やる気が起きなくなってしまうこともありますよね。

結果的に仕事に影響が出てパワハラを受ける流れになってしまうかもしれません。

リゾートバイトでしばらく生活する場所なので、しっかりと勤務地の雰囲気を確認しておきましょう。

派遣会社の口コミを確認

中小企業から大手まで派遣会社はたくさんありますが、口コミを確認して評判の良い派遣会社を選択するのは大事です。

口コミが良いということは、派遣会社としてしっかりと実績があると考えられます。

危ない目に合ったときや、トラブルに巻き込まれたときの対応をしっかりとしてくれたなどの口コミがある方が安心して利用することができるでしょう。

派遣会社の利用経験がないという人なら、まずは大手の派遣会社から調べてみるのが一番。

業界の大手となると利用者も多いので、口コミ情報も調べやすいです。

リゾートバイトで危ない目に遭った時はどうすべき?

リゾートバイト 危ない

リゾートバイトの途中で危ない目に遭った時は、派遣会社の担当・職場の上に話ましょう。

危ない目に遭った時だけではなく、自分でこのリゾートバイトは危ないと感じた時は事前に担当に相談するのも大事です。

職場の上司に話がしにくい状況なら、派遣会社の担当に話すのがベスト。

しっかりと派遣会社を選んでいたなら、トラブルや危ない目に遭った時の対応もしっかりとしています。

どうしたらいいのかなど、的確にアドバイスもしてくれるので、危ない目に遭ってからではなく危ないと感じたときに事前に相談することも大事です。

派遣会社の担当・職場の上司に話しても対応してもらえないケースもあるかもしれません。

その時には、しっかりと話をして辞めることを考えるのも一つです。

もちろん、黙って何も言わずに辞めてしまうのはダメですよ。

リゾートバイトを安全にするなら見るべきポイント

リゾートバイト 危ない

リゾートバイトを安全に行うには、勤務先の情報を細かく見ておくのがポイント

勤務先の情報が詳しくわからない、派遣会社でも教えてもらえない場合には安全に仕事ができない可能性があると考えた方がいいでしょう。

これまでも触れてきたように、寮に関してや勤務先の場所、交通手段などは見ておくことで安全に仕事を行える確率を上げることが可能です。

と言っても、100パーセント必ず安全に働けるリゾートバイトを見つけるのは難しいです。

ある程度は、自分自身の防犯対策なども必要になってしまいます。

どこで・どんなリゾートバイトをしたいかでも変わってくるので、若い人がすくない場所かを確認したり、短期で仕事ができるのかも見ておくのがいいでしょう。

リゾートバイトは危ないまとめ

リゾートバイトは危ない目に遭う可能性が高い勤務先は少なからずあります。

  • 相部屋や一部共同の寮での盗難
  • 男女の行き来が自由での異性トラブル
  • 寮が職場から離れているための夜道の危険性
  • 職場内で起こる可能性のあるパワハラ・セクハラ

勤務先に向かう前に、どんな場所かを知っておくことで対策ができます。

もちろん、危ない目に遭う可能性はリゾートバイトに限ったことではありません。

派遣会社の選び方から対策することができるので、口コミ情報や勤務先をしっかりと確認して自分に合ったリゾートバイトを選択しましょう。

目次