MENU

リゾートバイトのいい選び方はある?項目ごとに選び方を紹介!

リゾートバイト 選び方

リゾートバイトの選び方で失敗したくない!

そう思ったことがある人もいるのではないですか?

選び方と言っても、勤務地の違いや派遣会社の違い・職種の違いなどがあるので、どうやって選んだらいいかわからなくなっちゃいますよね?

どの地域で働くにしろ、リゾートバイトをするなら厳選して選びたいところです。

そこで、今回当記事ではリゾートバイトの選び方について解説していきます。

項目別に選び方を解説していくので、選び方のポイントを押さえて最適なリゾートバイトを選びましょう。

目次

リゾートバイトのいい選び方はある?

リゾートバイト 選び方

結論から言うと、リゾートバイトの選び方はあります

選ぶときに大事なのは5点。

  • 仕事をする場所
  • 仕事の期間
  • 仕事内容
  • 生活スペース
  • 登録する派遣会社

どれも重要なので、要点を確かめておくと悩まずに選ぶことができるでしょう。

確認する内容はそれぞれで異なります。

特に、妥協を絶対したくない点をチェックしておくと選びやすくなりますよ。

この後から、それぞれの選び方を詳しく紹介するので、リゾートバイトを探すときに参考にしてくださいね。

【リゾートバイトの選び方】勤務場所編

リゾートバイト 選び方

全然知らない土地に行けるリゾートバイト。

だけど、知らない土地だからこそ不安に感じてしまいますよね。

そこで大事なのが、勤務場所の選び方です。

どれくらいの情報を調べているかで、危ない目に遭う危険性を下げることも可能

そう考えると、勤務場所の選び方が大事なのがわかりますよね。

勤務場所の選び方のポイントは3点あるので、順番に見ていきましょう。

勤務先や寮周辺の環境を確認

勤務場所の選び方の一つ目は、周辺の施設などの環境確認です。

リゾートバイト先は山間や離島もあるので、どこの地域でも必ず周辺情報や環境を調べておくのがおすすめ。

たとえば、身近で便利な施設ではコンビニがありますよね。

24時間営業していて、大抵のものは揃うので近くにあると助かります。

今住んでいる場所では、すぐにアクセスできるコンビニ。

でも、リゾートバイトでは見つけられない!

もちろんコンビニだけでなく、スーパーや病院・交通手段なども調べておきましょう。

仕事帰りの夜道に危険がなさそうか確認

職場が寮から離れた場所にあるのも、リゾートバイトでは多いです。

距離が離れているほど、歩く時間もかかってしまいますよね。

でも、問題なのは歩く距離が長くなることではありません。

問題点となるのは、夜道を歩く可能性が高い点です。

リゾートバイトは遅い時間に終わることが多いので、寮までの距離が夜道になると危険性も高まってしまいますよね。

なので、職場と寮の位置関係や夜道で歩く場所に危険性がないのかを調べておくのがおすすめです。

不安な人は、職場と寮が近い勤務先にするのも選び方のコツです。

勤務場所の地域の有名度なども確認

勤め先の有名度や評判を知るのも、勤務場所の選び方に必要。

有名な観光地の全ての店舗・施設が有名とは限らないです。

地域別で見ると、実は有名でなかったという事も。

知らずに評判の悪い場所に向かうのは、できれば避けたいもの。

有名度から評判も知ることができます。

また、リゾートバイトで行った人の口コミは、仕事場の評価だから下調べすると役立ちますよ。

口コミは誰でも簡単に投稿できるのが特徴。

全部の内容を見なくても、全体像はつかめるのでリゾートバイト先の口コミを一度は覗いてみましょう。

【リゾートバイトの選び方】期間編

リゾートバイト 選び方

期間からリゾートバイト先を決めるのも一つの選び方。

リゾートバイトを探すと、短期・中期・長期という言葉を目にしたことはありませんか?

短期は1週間から1か月

中期は2か月から3か月

長期は3か月以上で何年などの年単位

リゾートバイトで統一しているわけではないが、目安にすることはできるでしょう。

じゃあ、短期・中期・長期からどれを選ぶの?と疑問に思いますよね。

もちろん、機関にも選び方のコツがあるので紹介していきます。

期間は2ヶ月程度の求人を選ぶ

リゾートバイトは長期で働く人も多いですが、初心者の方などは中期の2か月から3か月を選ぶのがおすすめ。

求人情報でも、中期での募集は多いので探しやすいですよ。

リゾートバイト先は、実際に行ってみないとわからない点はあります。

慣れない土地や仕事で嫌だなと思う事があった時。

長期のリゾートバイトでは、先が長くて嫌だなと感じる可能性もありますよね。

それを回避するにも、中期は働きやすくおすすめです。

これまでにも、リゾートバイトの経験があり慣れているなら期間を長期にしてお金を貯めるのも有りです。

学生以外は短期を選べない

1週間前後からと短く働けるのが魅力の短期間。

とりあえず経験してみたいから短期間のリゾートバイトが良い!

お試し期間のように利用できそうな期間設定ですが、学生以外は選べないので注意しましょう。

学生は、夏休みや冬休みを利用してリゾートバイトをするので、中期や長期での仕事ができません。

短期間以外の選択肢が難しい学生が選べるようになっています。

【リゾートバイトの選び方】職種編

リゾートバイト 選び方

職種の一番の選び方は、自分がやりたいかで判断して選択

当たり前に思うかもしれないけど、意外と大事ですよ。

楽な仕事・キツイ仕事かも決まっちゃいます。

なにより、やりたくない仕事だとモチベーションが下がっちゃうし…。

リゾートバイトの選択時に妥協したくないですよね。

給料も違ってくるから、しっかりと選び方を覚えてリゾートバイトでやりたい仕事を見つけましょう。

仲居

食事の配膳や備品チェック・お出迎えなど、あらゆる接客を行うのが仲居の仕事。

朝が早く、繁忙期には残業があるので、リゾートバイトではキツイ仕事として知られています。

大変な仕事なので時給が高めに設定されているのが魅力ですね。

中期で思いっきり稼ぎたい人にはむいていますよ。

仲居は女性のイメージが強いですが、男性も働くことができます。

仕事内容は男女で変わらないので、男性も挑戦してみるのもいいかもしれません。

マナーや言葉使いには厳しいので、覚えて日常生活に役立たせる事ができるのもおすすめの理由です。

ホテルのフロント

チェックインやチェックアウトの手続きなどを行う、ホテルのフロント。

ホテルに来るお客様の接客が基本です。

もちろん来客だけでなく、客室からのモーニングコールなどの要望もありいろいろな業務があります。

おしゃれな雰囲気で楽しめそうですが、ホテルのフロントはリゾートバイトの中で一番英語を使う機会が多いのが特徴。

特に、海外からの観光客の多いリゾート地の場合には、英語が必須となっているホテルもあります。

他のホテルマンとの連携も大事になってくるので、チームワークの連携が得意な人や英語が得意な人には最適な職種ですよ。

売店

お土産売り場などの売店の仕事は、接客業の中でもキツイと感じることも少ないでしょう。

主に、会計や陳列などを行うのが売店の仕事。

どちらかというと、男性よりも女性がメインで採用されやすいのが特徴です。

商品について聞かれることもあるので、覚えることはたくさんあります。

比較的楽な接客業をリゾートバイトでしたい場合にはおすすめ。

また、売店によってはPOP作りも必要です。

POPは商品の紹介などをしている手書きのポスターのようなもの。

POPによって、商品の売れ行きが変わってくると言っても過言ではありません。

なので、POP作りに興味がある人にも売店はおすすめですよ。

客室清掃

人と接するのが苦手…という人におすすめなのが、リゾートバイトの客室清掃。

これまで触れてきたのが接客業で表に立って仕事するのがメイン。

それに対して、客室清掃は裏方業務と言えるでしょう。

客室のベッドメイキングなどを行うので、お客様と接する機会がほとんどありません。

2人1組となって仕事をすることが多いので、人間関係の問題も少ないのがポイント。

客室清掃は、手順を覚えれば難しくないのでリゾートバイト初心者の人でも挑戦しやすいですよ。

【リゾートバイトの選び方】寮編

リゾートバイト 選び方

リゾートバイトで生活スペースになるのが寮。

選び方のポイントとなるのが、寮と職場の位置関係や男性寮と女性寮の位置関係などです。

勤務先の選び方で寮までの夜道について触れたのを覚えてますか?

職場と寮が離れていると、夜道を歩いて帰らないといけない場合がありますよね。

なので、離れすぎているかを確認して寮から選択するのも一つです。

また、男性寮と女性寮が同じ寮内のフロア別の場合もあるのでチェックするのがおすすめ。

寮のタイプ別でも選び方を見ていきましょう。

完全個室・一部共同の個室・相部屋が寮の主なタイプです。

一番おすすめなのが完全個室の寮で、特にリゾートバイトが初めての人などは完全個室かで選択してもいいでしょう。

早く他のバイト仲間と仲良くなりたい!

そんな人は、相部屋や一部共同を選択するのがおすすめ。

ただし、盗難に巻き込まれないように貴重品の管理はしっかりと行いましょう。

【リゾートバイトの選び方】派遣会社編

リゾートバイト 選び方

リゾートバイトの派遣会社もいっぱいあるから迷っちゃいますよね。

でも安心してください!

派遣会社の選び方のポイントもありますよ。

選び方としておすすめなのはフォロー体制や過去の実績がしっかりとしているかの確認です。

フォロー体制がしっかりとしている派遣会社は、リゾートバイト地でのトラブルにも対応してくれます。

なので、リゾートバイト初心者の人は必ずフォロー体制を調べるのがおすすめ。

過去の実績は、口コミなどから参考にすることができますよ。

単純に、悪い評価が多いところは止めましょうということです。

また、リゾートバイトの派遣会社はそれぞれ求人に特化している部分があります。

温泉地の求人が多い派遣会社などがあるので、1社に決めないで複数の派遣会社に登録するのも大事。

一つに絞らずに複数利用することで、リゾートバイトの案件も見つけやすくなります。

リゾートバイトのいい選び方まとめ

リゾートバイトの選び方は、ポイントを押さえると難しくありません。

全ての条件が揃っているリゾートバイトを見つけることはできないかもしれません。

ですが、自分にとっては譲れない・妥協したくない点を押さえておくと選び方で失敗する可能性を下げられます。

自分にとっての優先順位をつけてみるとわかりやすくなりますよ。

勤務先・期間・職種・寮・派遣会社。

どれも、リゾートバイトで自分が関わっていくもの。

すぐに決めてしまわないで、まずはしっかりと確認をしてリゾートバイトを体験してみましょう。

目次